研究内容(教員名)

※名前をクリックすると金沢大学研究者情報へ遷移します。

  • 染矢 富士子
    運動生理学を基礎とした臨床での研究
    特に、膠原病患者の心肺機能評価および治療効果の研究に重点を置いていますが、抗がん剤治療や腎機能障害のある人の心肺機能評価も行っています。具体的には、一般的な肺機能、心エコー検査、QOL評価に加え、携帯式の心拍出量計を用いた運動評価をしています。運動負荷試験としては呼吸代謝評価装置を利用した心肺機能検査、6分間歩行試験などを施行しています。下図は歩行中の1回拍出量と心拍数です。この他に、スポーツ傷害に関する研究指導もしています。
    someya

  • 少作 隆子
    脳の個々の神経細胞から神経細胞への情報の伝わり方は固定されたものではなく、様々な要因により変化します。そのような脳の柔軟性のおかげで記憶・学習が成立するのみならず、脳損傷後の機能回復が可能となります。私たちの研究グループは、このような神経細胞間の情報伝達効率が変化する仕組みを分子レベルにまで掘り下げて調べています。最近は、カンナビノイドの働きを主に調べています。カンナビノイドは、大麻の主成分であるΔ9-THCおよびその関連物質の総称で、脳内に存在する類似物質は内因性カンナビノイド(または脳内マリファナ)と呼ばれています。内因性カンナビノイドは、その専用の受容体(カンナビノイド受容体)を介して、さまざまな脳機能や脳病態に関わっています。私たちは、カンナビノイド受容体を欠損させたマウスの学習行動を解析し、内因性カンナビノイドの記憶・学習機能における役割を明らかにしようとしています。(研究室HP

  • 柴田 克之
    現在行っている研究は、「作業療法」と「人間工学」が融合した領域の人、物、活動、環境をテーマにした研究を以下のように行っている。

    1. 作業療法で用いる臨床活動を工学的手法(量的)と主観的手法(質的)の視点から解析
    2. 医療・福祉・教育の領域における作業療法の介入の効果検証
    3. 移乗、移動の介助動作における身体的負荷を生体力学モデルによる解析
    4. ADLやIADLにおける心身の負担を力学的および主観的感応評価による解析
    5. 人に優しい道具の解析と開発
    6. 今までにない(alternative)移乗機器・運動機器の研究開発
  • 西村 誠次
    上肢・手の構造や機能などの基礎研究から、外傷後の上肢・手の機能評価・治療法・治療機器の開発などの臨床研究を、医学系(整形外科)と理工学系(機械工学)、保健学系(放射線技術科学)との連携でおこなっています。

  • 砂原 伸行
    作業療法が扱う障害の中に高次脳機能障害があります。これは脳の障害による、例えば記憶障害や種々の認知障害、行為障害などを指しますが、実際には多くの症状が存在します。私の研究ではこれらの症状に対して、その評価方法や治療方法の開発、そして高次脳機能障害を持つ人への社会的支援システムについての検討も加えています。また健常な人における記憶や認知機能などの高次脳機能を、様々な条件下で調べることも行っています。さらに近年社会問題化している認知症の多くには、記憶障害などの高次脳機能障害の関与も多く指摘されています。このように加齢による高次脳機能の低下の検討も、認知症予防の観点からも重要な研究テーマとなっています。また高次脳機能障害を持つ方の支援には、多くの場合社会参加の手段として自動車運転支援が必要となり、これらについても基礎的検討を行っています。

  • 米田 貢
    学習のメカニズム解明と精神神経疾患、認知症のリハビリテーションへの応用
    ヒトは生まれてから様々な能力を学習行動により獲得することで生活できるようになります。これらの能力の獲得には大脳皮質、小脳、大脳基底核といった3つの脳部位が重要です。我々の研究室では、動物実験では我々が開発した3レバーオペラント学習課題を用い、精神神経疾患の基礎研究では、確率的選択課題(大脳基底核系)と予測運動制御課題(小脳系)を用い、学習回路のメカニズムを明らかにしたいと考えています。これらの基礎研究の成果と臨床データとの関連を調べて効率的なリハビリテーションの方法を明らかにしたいと考えています。私たちは、脳の学習機能の神経基盤を明らかにすることで、基礎研究の成果を臨床応用につなげることを目指しています。(研究室HP

  • 中嶋 理帆
    研究テーマ:ヒトの高次脳機能、運動制御ネットワークの解明
    画像統計解析(Neuro-imaging analysis)テクニックや覚醒下手術における脳機能マッピングを用いることにより、ヒトの様々な機能と関連する脳領域、神経線維などを調べることができる。我々の研究グループでは、高次脳機能、運動制御ネットワークの解明、および損傷後の脳の再組織化の解明を試みている。 nakajima

  • 武田 千絵
    高次脳機能について、近赤外分光法(Near-infrared spectroscopy; NIRS)を用いて研究を行っています。これまでのNIRSの研究では、Trail Making Test(TMT)という注意機能・遂行機能を検査する課題を実施した際の前頭葉の活動を確認し、TMT遂行に影響を及ぼす新たな因子について報告しました。現在も前頭葉賦活課題についての研究を実施しています。また、NIRSを用いた研究以外でも高次脳機能障害関連領域について研究を実施しています。 takeda

  • 菊池 ゆひ
    研究テーマ:精神障害者の生活障害と運動制御機能に関する研究、作業活動が身体や気分に与える効果に関する研究
    精神障害者を対象としたリハビリテーションを専門としています。精神障害は身体障害と異なり、なぜ生活がうまくいかないのか、その理由がわかりづらいことが特徴です。精神障害者の生活がうまくいかない原因の1つとして、“予測機能”が上手に働いていないことにあるのではないか?と考え、研究を進めています。(研究室HP

大学院についての情報はこちら
(金沢大学Webサイトへ移動します)