教員紹介

教授

someya染矢 富士子(SOMEYA, Fujiko) 教員総覧
教育基礎運動学、運動学実習、感覚運動器系病態学、発達期作業療法学演習など
研究運動生理学、心肺機能評価および治療効果の研究、スポーツ傷害
専門・資格などリハビリテーション科専門医、医学博士、日本体育協会スポーツドクター
受験生に一言病気やけがで困っている人に対して、自分が何ができるかということより、何をして欲しいと思っているかが分かるようになることが大事です。これが理解できると同じ病気でも治療方法が異なってきます。人が好きな学生さんを歓迎します。
shosaku少作 隆子(SHOSAKU, Takako) 教員総覧  研究室HP
教育生体の機能、人体機能学演習、人体機能学実習、脳内情報伝達障害学など
研究記憶・学習の基礎的基盤としての神経情報伝達の可塑的変化のメカニズムの解明
専門・資格など医学博士、生理学エデュケーター
受験生に一言よく学び、よく遊べ、という言葉が好きです。楽しいことがあると脳は元気になり、多少のストレスには耐えられるようになる、という脳科学データもうれしいですね。入学したら、充実した大学生活を送って下さい。
shibata柴田 克之(SHIBATA, Katsuyuki) 教員総覧
教育生活適応能力学/演習,基礎作業学/演習,身体障害作業療法学実習,クリニカルリーズニングなど
研究日常生活動作の力学的解析、腰痛予防、福祉機器の研究開発
専門・資格など作業療法士、博士(保健学)
受験生に一言座右の銘:「作業療法は、物を作るのではなく、人をつくるのである」Barton, G.
この言葉のように、作業療法士は様々な障害やハンディキャップを持った方に寄り添い、これからの未来ある人生を、勇気と希望を持てるlife designを創造する演出家でもあります。本専攻で作業療法の魅力と強みについて一緒に考え、学びましょう。
nishimura西村 誠次(NISHIMURA, Seiji) 教員総覧
教育基礎運動学、日常生活活動学、義肢装具学、老年期作業療法学、基礎作業学/演習、身体障害作業療法学実習など
研究上肢・手の構造や機能などの基礎研究から、外傷後の上肢・手の機能評価・治療法・治療機器の開発などの臨床研究を、医学系(整形外科)と理工学系(機械工学)、保健学系(放射線技術科学)との連携でおこなっています。
専門・資格など作業療法士、博士 (保健学)
受験生に一言臨床と研究において、何事にも「ポジティブ」に取り組み、かつ「グローバル」に、そして「患者さんのため」に思いやりを持って一生懸命努力できる人を待っています。手に関することなら何でも興味があります。一緒に楽しく頑張りましょう!

准教授

sunahara砂原 伸行(SUNAHARA, Nobuyuki) 教員総覧
教育地域作業療法学、社会関連活動学、身体障害作業療法学、作業療法学概論、高次脳機能障害評価学、高次脳機能障害演習など
研究高次脳機能障害の評価、治療に関する研究、障害者の地域支援、就労支援に関する研究
専門・資格など作業療法士、博士(保健学)
受験生に一言障害を持った人へのリハビリテーションや、生活に興味を持っている学生さんを歓迎します。大学では授業や課外活動などのいろんな場面での、多くの人とのコミュニケーションが皆さんを成長させてくれると思います。
yoneda米田 貢(YONEDA, Mitsugu) 教員総覧  研究室HP
教育作業療法学概論、精神障害学、精神障害評価学/演習、精神障害作業療法学、脳内情報伝達障害学、基礎作業学/演習など
研究学習、注意機能の脳神経基盤、精神疾患のリハビリテーション、認知症の早期発見に関する研究
専門・資格など作業療法士、博士(保健学)、生理学エデュケーター、介護支援専門員
受験生に一言今を頑張れるひとは、大学に入ってからも、仕事に就いてからも頑張れる。思いを行動に移せば目標は成し遂げられる。

助教

nakajima中嶋 理帆(NAKAJIMA, Riho) 教員総覧
教育情報処理基礎、運動学実習、基礎作業学演習/実習、作業療法評価学/実習、身体障害作業療法学実習など
研究ヒトの高次脳機能、運動制御ネットワークの解明
専門・資格など作業療法士、博士(保健学)
受験生に一言人体の仕組み、そして損傷からの人体の回復過程は、まさに神秘です。
その神秘を目の当たりに出来るリハビリテーション(作業療法)に挑戦してみませんか?
takeda武田 千絵(TAKEDA, Chie) 教員総覧
教育情報処理基礎、評価学実習、高次脳機能障害演習、作業療法評価学/実習、身体障害作業療法学実習、基礎作業学/実習など
研究高次脳機能障害
専門・資格など作業療法士、博士(保健学)
受験生に一言作業療法ではさまざまな年代、さまざまな疾患等を抱えた方と関わっていくことになります。学んでいく内容はとても多く大変と思うこともあるかと思いますが、作業療法で関わった方々が元気になり、日常生活や社会に復帰される姿をみるのは何とも言えない喜びがあります。人と関わることが大好きな方、作業が大好きな方、是非当大学にいらしてくださいね!
kikuchi菊池 ゆひ(KIKUCHI, Yui) 教員総覧  研究室HP
教育精神障害評価学/演習、精神障害作業療法学、人体構造学実習、人体機能学実習、情報処理基礎、作業療法学概論、など
研究精神障害者のリハビリテーション、運動制御機能の研究、作業活動が身体や気分に与える効果に関する研究
専門・資格など作業療法士、博士(保健学)
受験生に一言私が作業療法士を目指したきっかけは、①座ると眠くなるので動き回る仕事が良かった。②病院見学で出会った作業療法士さんが、とても楽しそうに、動き回りながら仕事をしていた。
きっかけは些細なことでしたが、作業療法の魅力にはまり、現在まで続けています。

非常勤講師

  • 井上 克己  担当科目:医療統計学
  • 能登谷 晶子 担当科目:高次脳機能障害学
  • 安本 大樹  担当科目:発達期作業療法学
  • 橋本 かほる 担当科目:発達期作業療法学演習
  • 礒見 篤志  担当科目:基礎作業学演習 陶芸
  • 前田 真知子 担当科目:基礎作業学演習 金工
  • 松居 美穂  担当科目:基礎作業学演習 織物